新着情報

2021.09.20

ギャッベとウイリアムモリスが似合うお部屋

マノワ初夏の贈り物展にお越しいただいた際に

リビング用にということで、グリーンの生命の樹がデザインされた

ギャッベを購入してくださいましたお客様より

このギャッベにもあうリビング・ダイニングのカーテンを

一緒に相談したいというご要望でした。

こちらはその時の展示会場内の画像です。

画面奥のコーナーに展示していたkelmscott treeのデザインの

カーテンをとても気に入ってくださいました。

後日実際にうかがわせていただきリビング・ダイニングの4か所の

窓にどんなカーテンなどを取り付けるのか

打ち合わせをさせていただきました。

完成しました。こちらです。

ストーブの前には展示会で購入されたグリーンのギャッベが敷かれていました。

ストーブの炉壁の赤いレンガとのコントラスが

とても奇麗ですね。

大きなサイズなのでご家族皆様で横になったり座りながら

ストーブの火をみたりと、ゆったりとした時間を過ごせますね。

素敵です。

このギャッベに合わせて、まず3つの腰窓には

イチゴドロボーのレンガ色の生地で

プレーンシェードを取り付けることにしました。

プレーンシェードは上下に開け閉めできるタイプで

生地を平行にたたみあげていきます。

引き上げたときには画像のように上部にたまり代ができます。

今回心がけたことは、

どの部分の柄を見せるのか、

たたみ上げる間隔をどのくらいにするのか、

たたみ上げた部分の重なりをできるだけすっきりとさせる、

ということを打ち合わせで説明させていただきました。

どのような状態でも絵のように見える窓辺になりました。

ウインドウスタイリングは住空間において

占める面積が大きいので、インテリア要素としては

とても重要なものだと私は考えます。

だからこそ細部にわたりお客様と一緒につくりあげていきたいと思っています。

そしてダイニングにつづく掃き出し窓には

鳥と花々に囲まれた大きな樹のデザインの

kelmscott treeのカーテンを組み合わせていきました。

同じ空間に違うカーテンの生地を組み合わせるのは

どうですか?とお客様からもお打ち合わせの時に質問されました。

よくこの生地をみるとたくさんの花々がレンガ色のような

糸でデザインされています。

更にこれらの花々を引き立たせるためにレンガ色のタッセルをご提案しました。

お花の色がグッと引き出される効果をねらいました。

このように同じようなカラーを組み合わせることで

違う生地を同じ空間で使っても落ち着いた仕上がりになりますね。

これもモリスの魔法かもしれませんね。

レースも大きな樹の花々がゆらゆらと揺れるような

刺繍が施されたデザインを組み合わせました。

これからもご家族皆様で楽しい時間を過ごして

いただきたいと思います。

MANOIR(ロゴ)
株式会社ワタナベ
〒403-0004 山梨県富士吉田市下吉田5-33-31

0555-24-3111

メールでのお問い合わせ